2018年10月6日土曜日

[再掲]年内、年度内に団地住まいを始めようと思っている方へ:団地を買う場合

団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。
前回に続いて年内、年度内に団地に住もうと思っている方へのコラムの再掲です。


年内、年度内に団地住まいを始めようと思っている方へ
「団地なんて空き家ばっかりでしょ。買うにしても借りるにしてもすぐ見つかるよ」
「買ってリノベーションするにしても大掛かりに変えるつもりはないから大丈夫」
と思っていたら甘いよ!という話の続きです。



今回は分譲団地の場合、すなわち団地を買う場合。

団地は空き家ばっかりという認識をお持ちなら改めたほうがよいでしょう。
いざ買おうと思うと意外と空いていないものです。

「前に団地を見に行ったら人が住んでなさそうな家がたくさんあったよ」
という方もいると思います。
しかし、そのような団地であっても売り物件を探すと意外とありません。
物件情報と実際の団地で感じた実感とでは大きな差があります。

実はここが分譲団地の空き家問題の味噌で
「住んでいない」家はたくさんあるけどそのうち
「売りに出されていない」部屋が相当数団地にはあるのです。
「思い出があるので売りたくない」から「倉庫になっている」「めんどくさい」まで
売りに出さない理由はいろいろです。

このような理由で実感ほどは売り物件は出ていないのです。
のんびり構えていると入居までの購入リミットに間に合わないことがあるので注意です。

また、買ってリノベーションをすることを考えている人はさらに
注意すべきことがあります。それは次回お話しましょう。





■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。 建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org