2018年12月2日日曜日

「団地住まい予備軍のあなたへ」|記事リスト



団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。

年末、年度末に向けて新居を探し始める方が多いこの時期、
団地に引っ越そうかなー、でも団地って住まいとしてどうなのかな…と
お考えの方々に向けてgoodroom journalの記事をご紹介。

2017年3月~2018年3月にかけて
「団地住まい予備軍のあなたへ」と題してgoodroom journalに連載を担当していました。
団地に対して不安だなーと思うことを解消したり、
え?こんな団地もあるの?!と目からうろこを落としたり。
これを読めば住まいとしての団地の基礎情報はばっちりです。
下記にリストを貼っておきます。どうぞ参考にご覧ください。

Vol.1 団地住まい予備軍のあなたへ。

Vol.2 関西団地界の生き字引けんちんさんに聞く、「住んでみてわかった団地の良さ」

Vol.3 ビルですか?いえセレブ団地です―市街地住宅の魅力とは

Vol.4 どこが運営するかで性格も変わる。団地の種類いろいろ

Vol.5 リノベ前とどう違う? 団地のビフォアアフターを見てみよう

Vol.6 エレベーターつきの団地もあるよ!高層団地のすすめ

Vol.7 採光・通風が命! 抜群の日当たり・風通しを確保する、団地の工夫とは?

Vol.8 ひとり暮らしするなら、ワンルームより団地でしょ

Vol.9 新しくても、団地。環境の良さ、お得な制度も健在の「平成の団地」のすすめ

Vol.10 さぁ、団地を借りてみよう!〜団地住まいデビューへの道〜





■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。 建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org

2018年11月24日土曜日

団地不動産おすすめ|高槻グリーンハイツと中宮第3団地

団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。

最近お客さんの案内で内覧した団地を二つ紹介します。
団地不動産的にはどちらもノーマークだったのですが訪れてみると
意外といい!と思ったのでレポートしておきます。

●高槻グリーンハイツ
高槻に建つ分譲団地です。
団地ぽくないネーミングですが団地不動産的には良き意味で団地認定です。
建物を小さくしてバラバラに配置してその間に公園や緑地をとる。
変化に富みつつ建物の間が広く空いているのでゆったり感もある、これはまさに団地。
駅からは遠いですが高台にあるのでなかなかの眺めです。

築41年ですが状態はとてもいいです。
お部屋の広さは70㎡3LDKほどでファミリーには十分な広さでしょう。
高槻でオススメの分譲団地に加えたいと思います。
地図はこちら→



●中宮第3団地
枚方のUR賃貸住宅です。
京都、大阪の通勤圏でそれほど不便でない割に家賃は安いので
とにかく家賃を安くしたいけどバス通勤はちょっと…という人にはオススメです。

最寄りは京阪の御殿山駅ですがスーパーが少ないので
枚方市駅周りで買い物してバスか自転車で帰ってくるというパターンもあるのではと思います。
地図はこちら→
URでの紹介ページはこちら→



お部屋はご覧の通りきれいに改装されています。
お客さんはキッチンがきれいだからと聞いてUR賃貸で新居を探しているとのこと。
内覧したお部屋はトイレも浴室も新しく改装されていました。
民間で同じ家賃であればこんなにきれいな設備でこんなに広い部屋はないですよね、
UR賃貸のリーズナブルさに感心していました。安くて質がいい、これがURクオリティなのです。


■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。 建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org

2018年11月10日土曜日

年内、年度内に団地住まいを始めようと思っている方へ:団地を買ってリノベーションする場合

団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。

前回からの続き
年内、年度内に団地を購入+リノベーションして
団地住まいを始めようと思っている方への注意点です。


年末、年度末は工務店が最も忙しい時期です。
簡単な工事だからと油断すると思いのほか苦労します。
早め早めに動きましょう。

またお風呂をユニットバスに入れ替える場合は特に注意が必要です。
発注してから現場に届くまでに数週間かかります。
現場に届けば1日で完成しますがそれまでが長い。
東大路高野第三住宅リペアでタカラスタンダードのユニットバスを施工した時は
発注から現場に搬入されるまでにきっちり一カ月かかりました。
工期のほとんどはユニットバス待ちをしていた時間です。

他のメーカーでは多少無理を聞いてくれることもあるのですが
きっちり一か月です。
とはいえ作りはしっかりしているし
他メーカーのユニットバスより小さいサイズでも対応でき
寸法の細かいオーダーが聞くので団地リノベでは最もおすすめです。







■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。 建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org

2018年11月3日土曜日

「団地ツアー~公団住宅の魅力に迫る~」レポート 

団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。
10/6に奈良市観光協会主催、団地不動産吉永の案内で奈良団地ツアーを行いました。



訪れたのは奈良を代表する名団地、中登美団地と平城第二団地。
どちらもすばらしい団地ですが建てられた時代背景や立地は異なります。
団地といえば同じ建物を機械的に並べただけというイメージがありますが
設計時にはすんなりそうとはいかない課題をそれぞれ抱えていました。
造成技術が十分でなかった時期に建てられた
中登美団地はその複雑な地形に対応しなければならなかったし
団地批判が始まり出した時期に建てられた平城第二団地は
いかに有機的な空間、奈良らしい空間を作り出すかを考えなければなりませんでした。



団地の設計者たちが一生懸命考えた工夫もただ歩いていると見逃してしまいがちなもの。
今回のツアーは団地を散策しながらそのひとつひとつを拾い上げながら解説していきました。
中登美団地ではURによるリノベーション住戸も見学。古い団地もしつらえでこんなに変わるのですね。



参加者は奈良はもとより愛知や関東からも。
団地が好きだという人から、将来団地に住みたいからという方や、
企画が面白そうだったからという方まで様々。
「へぇー、そうなんですね!」の声が道々で繰り広げられ、
団地を再発見するいい機会になったと思われます。



■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。
建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org

2018年10月6日土曜日

[再掲]年内、年度内に団地住まいを始めようと思っている方へ:団地を買う場合

団地に詳しい建築家、団地不動産の吉永です。
前回に続いて年内、年度内に団地に住もうと思っている方へのコラムの再掲です。


年内、年度内に団地住まいを始めようと思っている方へ
「団地なんて空き家ばっかりでしょ。買うにしても借りるにしてもすぐ見つかるよ」
「買ってリノベーションするにしても大掛かりに変えるつもりはないから大丈夫」
と思っていたら甘いよ!という話の続きです。



今回は分譲団地の場合、すなわち団地を買う場合。

団地は空き家ばっかりという認識をお持ちなら改めたほうがよいでしょう。
いざ買おうと思うと意外と空いていないものです。

「前に団地を見に行ったら人が住んでなさそうな家がたくさんあったよ」
という方もいると思います。
しかし、そのような団地であっても売り物件を探すと意外とありません。
物件情報と実際の団地で感じた実感とでは大きな差があります。

実はここが分譲団地の空き家問題の味噌で
「住んでいない」家はたくさんあるけどそのうち
「売りに出されていない」部屋が相当数団地にはあるのです。
「思い出があるので売りたくない」から「倉庫になっている」「めんどくさい」まで
売りに出さない理由はいろいろです。

このような理由で実感ほどは売り物件は出ていないのです。
のんびり構えていると入居までの購入リミットに間に合わないことがあるので注意です。

また、買ってリノベーションをすることを考えている人はさらに
注意すべきことがあります。それは次回お話しましょう。





■家賃および販売価格相場、住所、治安、評判などこの団地について詳しい情報は団地不動産までお問い合わせください。 建築家不動産 団地不動産担当 吉永健一 tel:090-5139-8769 mailto:yoshinaga@ysng.org